MENU

なぜ睡眠不足だと抜け毛が増えるの?

睡眠不足 抜け毛 原因

睡眠時間が短い人、よく夜更かしをする人は薄毛の割合が高いと言われています。これは印象論ではなく、実際に睡眠不足は抜け毛を起こりやすくしてしまうのです。

 

血行不良を起こす

 

睡眠不足が長く続くと、血管が収縮した状態が続くことになります。すると血行が悪くなり、髪や頭皮にも栄養が行き渡らなくなるため、抜け毛が進行していきます。また血中の脂肪が蓄積されやすくなります。

 

過剰に皮脂が分泌される

 

睡眠不足はストレスの一種で、交感神経の働きを優位にします。すると男性ホルモンが活性化して皮脂分泌が多くなってしまいます。頭皮が脂性になると毛穴を塞いでしまいますので、正しい睡眠は必要だと考えられます。

 

抜け毛がひどいと感じる場合は早めの対処が必要になりますので、まずは睡眠時間や生活習慣を客観的に見て改善していくようにしましょう。

 

睡眠の時間が足りないと、髪だけではなく様々な体の不調につながっていきます。人間は夜間に体を休め血液が循環されるようにできていますので、夜更かしはなるべくしないようにしましょう。

 

何時に寝て、何時間寝るのが良いの?

睡眠不足 抜け毛 時間

睡眠は夜10時〜深夜2時までが髪のゴールデンタイムと言われています。

 

髪の毛の成長には成長ホルモンが必要になってきますが、その分泌は副交感神経により促されます。そして副交感神経は、夜10から深夜2時が一番活発化すると一般的には言われています。この時間に睡眠をとっていると、髪の毛が生えやすくなります。

 

とはいえ10時に就寝は現代では難しいと考えられますので、深い眠りに入ったときに成長ホルモンが分泌されると考えたほうがいいでしょう。ある統計では、20代の睡眠時間は

 

4〜5時間…約30%

 

6〜7時間…約60%

 

8〜9時間…約10%

 

 

というデータがあるそうです。これを念頭に置いてなるべく日付が変わる前には就寝し、睡眠のサイクルを作ると成長ホルモンが分泌されますのでひどい抜け毛を防ぐこともできます。

 

睡眠障害を招く『スマホ依存』

睡眠不足 抜け毛 スマホ依存

抜け毛も環境により原因はさまざまです。特に寝る前までスマホをしているという人は多いと言われています。このスマホ依存の状態が続くと眠りにも悪影響が及びます。

 

どうしてスマホがいけないの?

スマートフォンは交感神経を刺激するので、眠りに必要な副交感神経を優位に立たせることができなくなります。するとなかなか寝付けなくなり、睡眠不足に陥り時には睡眠障害を招くことも考えられます。

 

さらに眼精疲労も深刻化し、前頭部周辺の血流が悪化します。また目の疲労回復に栄養を使うため、頭皮に行くはずの栄養まで過剰に消費してしまうのです。

 

夜間はなるべく副交感神経を優位に立たせるために、静かな音楽などを聴いてリラックスをし、スマホなどの液晶画面は見ないようにしましょう。副交感神経が正しく働くと十分な質の良い睡眠がとれますので、血液がスムーズに循環されます。そのため頭の毛細血管にも行き渡り、髪にも栄養が届きます。

 

▼「抜け毛ヤバっ…」と思ったら!▼

抜け毛がひどいし多い 20代 男性 ランキング

 

>> 【抜け毛がひどいし多い】手遅れになる前に!  TOP